新宿・新大久保 ラブホテルレポート

【フォーラム】デリヘル風俗マガジン公認ユーザー勝股ぽるち夫お薦め度★3.4|新大久保ラブホテルレポート

ホテル名:フォーラム
電話番号:03-5287-6233

今回は新大久保駅にあるラブホテル『フォーラム』をご紹介します!

新大久保にはラブホが数多くありますがフォーラムは駅からのアクセスが良く目に留まる方も多いと思います。

システムがやや複雑なところがあり1人だと困惑してしまう可能性がありますがカップルで一緒に行く方にとっては面白いラブホテルかもしれません。口コミを見ても綺麗なホテルという印象が強いです。

 

コスパ・・・★★★☆3.5

まず、フォーラムの詳しい料金はオフィシャルホームページの料金表から確認していただけますが、休憩料金だと大体2時間3500円で利用できます。
宿泊の場合6000円〜9000円で利用可能です。
どちらも部屋のランクや曜日によって値段が変わるようですが基本的に安いと言えるでしょう。
2018年3月より新料金がスタートしお得になったそうです。
近隣のホテルと比較してもコスパはやや上位にくると判断して★3.3となりました。

 

外観・立地・・・★★★★★ 3.4

JR新大久保駅を出て徒歩3分ほど、近くにセブイレブンやファミマもあり便利な場所にホテル『フォーラム』はあります。人通りの少ないラブホ密集地帯にあるため入りやすく、外観は白くてお洒落な雰囲気なので女性にも人気がありそうです(^ ^)

ラブホは大体そうですがホテルの看板にフォーラムとカタカナで書いてあるのではなく英語表記となっており、ここのホテルは大文字のFが目印と思っていただければ分かりやすいと思います。

これらを踏まえ結構いい感じの立地ということで★3.4です!

 

館内・・・★★☆★★ 2.6

私が行った時たまたまかもしれませんが、入ってみると人の気配がありません。部屋の種類が複数あるのでそのパネルを見ていると、奥の方から受付?の外国人の方が出てきてくれます。

お金を払おうとすると、後払いと言われますのでここで財布を出す必要は無いはずです。

鍵をもらってないと思ったら、オートロック式のようで部屋に入ってから確か10分ほどは自分で中から開け閉めできますが、その後は部屋の中の精算機でお金を払わないと鍵が開かない仕組みでした。

また、ドアの開け閉めの際は注意書きにも書いてあるのですが強く引かないと開かないのでお気をつけ下さい。

利用後部屋を出てものの数秒でガチャン!と従業員が部屋を掃除しに入ったのは少し威圧感を感じ残念でした。

建物の設備自体は比較綺麗に感じましたが、何やら少し怪しい雰囲気を感じてしまうお客さんも多いと予想し★2.6とさせていただきました。

 

部屋・・・★★★☆3.6

部屋の数は全部で17部屋。
私が利用した部屋はおそらく1番安い部屋ですが部屋の中、お風呂場ともに非常に綺麗でした。
清掃がしっかり行きと届いておりアメニティも充実しております。

ベッドに関してはやや長さが短めだと感じました。身長173cmほどの私が寝転んでみると足が少しだけはみ出てしまったため高身長の男性には向かないかもしれませんが、プレイをする際には気にならないといったところでしょうか。

冷蔵庫や電子レンジ、グッズ自動販売機、ポット、ソファーにテーブルと家のように家具が揃っているのも◎

お風呂場はトイレと風呂の間にカーテンがあり男女で同時に利用しやくすなっています。洗面所もお風呂場の中にあります。気になるところは2人で利用するにはタオルの枚数がやや少なかったところぐらいでした。

訪問者が来るとノックではなくベッド近くの電話に出てそれから鍵を開けお出迎えするという形でした。

室内にはヒーリング効果のあるゆったりとした曲が流れてますが廊下の物音が少し気になりました。

ですがこれらの欠点はラブホとして利用する際にそこまで問題ではないと考え評価は高めの★3.6です!

 

総合評価・・・★★★★★ 3.4

【こんな方にお勧めしたい】
ラブホテルに慣れておりお金は部屋の中で後払いでサクッと済ませたい方や、とにかく綺麗な部屋を求める方。

【こんな方にはお勧めできない】
会計を先に済ませたい方、休憩で2、3時間オーバーの長時間利用したい方など。

良い点と人によっては悪いと感じるかもしれない点が多く印象的なラブホですが、総合的に考えても利用しやすいことから総合的に★3.4という結論に至りました!

アクセスマップ

 

この記事のレポーター
デリヘル風俗マガジン公認ユーザー|勝股ぽるち夫勝股ぽるち夫
風俗が大好きな素人童貞の現役大学生。初めての風俗は手コキ風俗で、その快感に目覚める。以降はバイト代の全てを風俗に費やし、オナクラとピンサロに通いつめ、その経験をデリヘル風俗マガジンの公認ユーザーとして活かすことを決心。

-新宿・新大久保, ラブホテルレポート
-,