【急募】風俗・デリヘルの元祖口コミサイト『ヌキログ』では、風俗に遊びに行ってレポートを書いてくれる方を募集しております!

その他

韓国按摩DAO【プラダ 時を経てパワーアップしたクラブシステム】風俗体験レポート

お店DAO(韓国ソウル市の按摩)
女の子プラダさん
料金60分26,0000ウォン(28000~29000円ぐらい?)
ルックスB-
スタイルA+
接客B
プレイB

【評価について】
S・・・最高級の評価。
A・・・かなり良かった。
B・・・普通に良かった。
C・・・まぁまぁ。
D・・・ちょっと微妙。
E・・・お薦めはできない。

勝股ぼるち夫

どうも、ぽるち夫です!

4年ぶりに韓国按摩のひとり旅に行ってきました。

当時は初海外で不安が大きく、風俗以外はあまり楽しめませんでした。

でも今回は1店舗(DAO)だけ行ってあとは観光でもしようと決めていたので、とても気が楽です。

行くと決めたのは1ヶ月ほど前ですが、そこから飛行機とホテルだけ押さえて何も調べずに当日を迎えました。

ぽるち夫は韓国語を話せませんが、何の問題もなく意思疎通が取れます。
困ったら「アニョハセヨ」「カムサハムニダ」と言っておけば問題ないでしょう。

韓国旅行への事前準備

1ヶ月前ぐらいに韓国風俗旅行を決めてから、色々と準備をする必要があります。
 
ただパスポートもありますし、以前も行ってるので余裕をこいて飛行機とホテルだけ予約して終わりです。  

アゴダで飛行機とホテルがセットになったプランがたくさんあり、トラベルコちゃんよりさらに安かったりもします。

ぽるち夫もアゴダを使おうと思ったんですが、結局は飛行機とホテル単品で別サイトにて予約をしました。

飛行機の予約

まず飛行機ですが、安い日を狙いました。

土日などは料金が上がるため、平日を狙っていくと3万円ほどのチケットが見つかります。

わかりませんが、2万円台は最近は少ない気がします。

ぽるち夫はHISというサイトで往復32,000円ほどのチケットを予約しまして、エアプサンという航空会社です。

ティーウェイ航空やジップエアーの方がよく聞きますが、まあ乗れればどこでもいいでしょう。

ホテルの予約

ホテルの予約はとても難しかったです。

4年前はトンデムンの隣のトンミョアプ駅のゲストハウスに泊まり、環境や立地的に3泊もするのがつらくなってしまった記憶がありました。

今回は1泊5千円以上ぐらいかけてでもいいホテルに泊まろうと思ったのですが、最近高いのかなかなか良さげなホテルが見つからず。

ギャルデリの女の子に教えてもらった「ソウルNホテル」を見てみると2泊で1.7万円前後。ダブルベッドで完全に2名用ですが、悪くないかと思いすぐに予約しました。

ブッキングドットコムというサイトから予約したのですが、1週間前までキャンセル無料だったので気が楽です。
その間により良いホテルがあれば乗り換えればいいからです。

数日間まめにサイトをチェックしながら探してみた結果、ある日同じソウルNホテルに1人部屋を発見。
しかも2泊で7900円!!

めっちゃ安いなと思い、1.7万円のお部屋はキャンセルして格安部屋を予約し直しました。ラッキー!

こんなにいいホテルにコスパよく泊まれるなんてと浮かれていました。

現地で使うWi-Fiの予約

仕組みはあまり理解していないのですが、海外に行くと日本のスマホはそのままではネットに繋がらないんです。

そのためにWi-FiもしくはSIMカードをレンタルする必要があり、これによって日本と同様にインターネットへ接続することができます。

ぽるち夫は前回と同じグローバルWi-Fiというサイトから空港で受け取れるWi-Fiを予約しました。

1日あたり800円ほどで1ギガまで使うことができます。

ロッカーにQRコードをかざして勝手に取り、返却時もボックスに放り込むだけなのでとてもラクです。

こんなものは10分で済ませておけばよいでしょう。
ちなみに、日本で借りなくても現地の空港に着いてから借りることもできるので、申し込み忘れてもいいと思います。空港では結構日本語通じます!

変換プラグはなくてもよい

日本と韓国ではコンセントの形が異なるので、充電をする際などに変換プラグが必要です。

家電屋や空港で200円ぐらいで売ってるので、余裕がある方は買っておいて損はありません。

しかしホテルでの貸し出しもあり、レンタルWi-Fiに付属していることがほとんどなので全く要らなかったです。

現金はいくらいる?

韓国はクレジットカードがあればいいとよく言いますが、現金も必要です。というか僕は現金しか使いませんでした。

「カード払いでお願いします」なんて韓国語で何て言えばいいのか調べる気も起きませんし、面倒臭いので現金の方が楽です。

両替については後ほどご説明しますが、1泊〜2泊であれば風俗代合わせて5万円もあれば事足りるかと思います。
(※風俗が260000ウォン)

調べたところ韓国は食事代が高くなっているとの情報を見かけますが、そんな高くはなかったです。
1000円未満でがっつり食べられる飯屋が山ほどあります。

Q-CODEは不要

事前に自身の健康情報等を入力してQRコードを発行しておき、韓国入国時にスキャンするQ-CODEですが、つい最近不要になりました。

Q-CODEを登録していない方は到着時に黄色い用紙を書かされると思っていたら、それも渡されず余裕で入国できます。

めんどくさーと思っていたので、とても助かりました。

パスポートだけは忘れずに

あまりないことかも知れませんが、パスポートを忘れる・紛失することだけはくれぐれも気をつけましょう。

パスポートさえあればどうにでもなります。ホテルの予約画面や航空券をわざわざ紙に印刷する必要も、スマホにスクショしておく必要もありません。

パスポートとそれらの情報が紐づいているため、パスポートの提示で全て解決します。

韓国に出発!空港での注意点

いよいよ当日になりました。
11時過ぎ出発の便だったので、10時には空港に着くつもりで早起きしました。

ぽるち夫はいつも明け方4時に寝ているため朝8時にアラームで起きるのは拷問に近いです。

それでも韓国旅行への楽しみが格段に勝り、はりきって成田空港に向かいました。

船橋から京成線に乗り、あっという間に成田空港駅に到着。

1時間前の到着が望ましい

途中でトイレに行ったり、乗り換えを間違えたりしていたら成田空港駅の到着が10時を過ぎていました。

空港には余裕を持って2〜3時間前に到着することを推奨している記事も多くありますが、さすがに早過ぎて時間を持て余す気がします。

ぽるち夫的には1時間前でちょうどいいぐらい、1時間半前なら余裕なイメージです。

今回はギリ1時間あるかないかぐらいとなり、特に急ぐこともなく第1ターミナルに向かいます。

Wi-Fi受取&チェックイン

到着しましたら、まずは4階南ウイングのロッカーで申し込んでおいたWi-Fiを受け取ります。

1番端っこにあり、ノロノロ歩いていたら意外にも時間を要してしまいました。
QRをかざして一瞬で受け取り完了。そのまま「エアプサン」のチェックインカウンターに向かいます。

スタッフさんは韓国人の女性ですが、カタコトの日本語で「パスポート見せて下さい」と言われて渡すと20秒ほどでチェックイン完了。

搭乗チケット?を渡され、10時45分までに搭乗口に来るように書いてあります。
あと30分弱もあるので、ご飯を食べる時間はないですが空港内を散策します。

そういえば飲み物足りないやと思い、北海道食品館というお店で3本お水を購入。
前日に買っておいたシークワーサージュースと合わせて4本あれば十分でしょう。

食べ物はプロテインバーみたいなものをいくつかと、現地で食べるようにお粥を2つリュックに入れていました。

ゆっくり過ごしていたら時間が近づいてきたので、搭乗口に向かいます。

荷物検査で引っかかりました

荷物検査でカゴの上に全ての荷物を置き、ベルトコンベアーに流して中身をスキャンされます。

普通ならば問題なく通されますが、僕の荷物はなぜか再検査レーンに運ばれて行きました。

「ノミモノハイテマスカ?」
「あっ、お水あります」

そう、飛行機に液体は持ち込めないという当たり前の事実をうっかり失念していました。

でもさっき3本もお水を買ったばかりなので、捨てるのはもったいないですし、返品しに戻る時間もありません。

まじか・・・

迷った結果、その場でペットボトルの水を全部飲み干すことに。

「コレモデスネ」

おかゆもアウトでした。レトルトパウチのものなのですが、これも没収されて捨てるのは納得ができず、その場で食べることに。

荷物検査場で大急ぎで喉にお粥を流し込む姿は、キチガイ以外の何者でもないでしょう。

おかげで水が飲みやすく着々と量が減っていきます。

スマホを見ると時間は10時45分になっており、搭乗できる時間に。そろそろ行かないとまずいので、少しだけ残して捨ててもらいました。

搭乗口まで辿り着くのが遠い

これもすっかり忘れていたのですが、荷物検査を終えてから搭乗口までが非常に遠かったです。

38番ゲートを目指して進みますが、広すぎて全然辿り着きません。こんなに遠いとは・・・

さっき無理をして水とお粥を流し込んだからか、お腹が痛くなってしまいもう一度トイレを済ませておきます。

時刻は11時を過ぎており、ややギリギリで38番ゲートに到着。
チェックイン時にもらったチケットを見せて飛行機内に入り、自分の席にへ。

隣はラッキーなことに女の子です。
しかし全くタイプではないメガネの地味っ子です。。

出発は20分ほど遅れる可能性大

飛行機にもよると思いますが、エアプサンの場合は出発時間になってから実際に扉が閉まるのは10分後ぐらい。

さらにそこから10分ほど後になってようやく離陸していました。

片道2時間半の韓国とはいえ、なかなか退屈です。

ひとつ失敗したと思ったのは、飛行機でスマホが圏外になっているときに時間を潰す用に本など持っていかなかったことです。

モバイルバッテリーは持って行ってますが、それらの充電も限りがあるため韓国の旅行雑誌か何か買っておけばよかったかも。と思ったんですが余計な荷物になるのでいらなかったです。

韓国に到着!現地での注意点

仁川国際空港に到着したら、入国申請書という小さなカードに名前やパスポート番号、宿泊先のホテル等を記入していきます。

入国審査の際にパスポートとそのカードを提出し、パスポートと指紋・カメラによる顔認証により完了です。
かなり並ぶので、飛行機を降りてからここまで大体20〜30分近くかかりました。

そこから電車で一駅乗り、ようやく仁川国際空港のターミナルに着きます。

まずWi-Fiを繋ぐ

勘違いしていたんですが、Wi-Fiは韓国現地に到着してから繋いだ方がいいみたいてす。

飛行機のときから繋ごうとしたら、当然繋がらなかったわけですが現地に着いてからも上手く繋がらず。。

「ページが開けません。サーバーが応答を停止しています」

Wi-Fi一瞬繋がったがまたすぐに切れたりで、何度か電源を消したりつけたりで30分近くかかってようやく繋がりました。

繋がらない方はこちらのLINEサポートへといったパンフレットが入っていましたが、そもそもネットに繋がらないからLINEを送れないじゃないかという問題があります。

韓国の両替で損をしないために

日本や韓国の空港で両替をしてしまうと、その便利さに引き換えてレートが悪いです。

仁川国際空港だと10ヶ所近くあったと思いますがどこも10000円→84700ウォンぐらいです。

一方でソウル市内の明洞や南大門の両替所であれば10000円→91000ウォンぐらい。

1万円あたり600円ほどの差が生まれるので、5万円ならば3000円も違います。

とはいえ電車に乗るには現金をチャージする必要もあるので、5000円ぐらいは空港で両替しておくとよいでしょう。

ぽるち夫は少し余裕を持って1万円両替し、残りの4万円は南大門の1番レートが良いと言われている「ミウ両替所」まで両替しにいきました。

ソウル駅と明洞駅の間の駅です。

日本語も余裕で通じて「ひとりできたんですか?」「どこいくんですか?」など積極的に話しかけてくれるのですが、按摩風俗とは言えないので濁しておきました。

途中で降りた「弘大(ホンデ)入口」駅の構内にも両替所がありましたが、そこは10000円→89200ウォンだったので、空港よりは全然いいです。
街に繰り出す時間がない方はこことかでもいいと思います。

電車でソウル市内へ

AREX(Air Rine Express)で仁川国際空港第一ターミナルからソウル駅まで50分ほどかけて移動します。

TマネーカードというSuicaみたいなカードに5万ウォンチャージしまして、電車とコンビニでの買い物はこれで間違いなく足りるでしょう。

韓国の地下鉄は格安で、20駅ぐらい乗っても円で言うと100〜200円ぐらいだったりします。

韓国のグルメを楽しむ

前回は全然グルメを楽しめなかったので、今回は韓国らしいものを食べようと意気込んでいました。

韓国と日本の飯屋の違いは?

韓国が日本と違うのは、牛丼屋やそば屋がないことです。

日本なら富士そばと牛丼屋(松屋・吉野家・すき家)が至る所にあり、どこでも手軽に食事を済ますことができます。

一方で韓国には富士そばがありません。牛丼屋も見当たらないです。
基本的には韓国料理のお店ばかりで、辛いものがデフォルト。

スタバはとても多い

カフェで少し休みたいときに、日本でもお馴染みのスターバックスがたくさんあります。

韓国限定のマグカップなどが売っているコーナーもあるので、こういうものをお土産にする方もいるみたいですね。

風俗のオキニちゃんに買って行こうか迷いましたが、30000ウォンぐらいしたのでやめました。

あとはなぜかロッテリアがとても多いです。前回行ったときはロッテリアとマックしか食べなかったんだっけ。

タコの踊り食い「サンナッチ」を実食

今回ぽるち夫は何を食べに行ったのかというと、サンナッチという生きたタコの踊り食い料理です。

ソウル駅から地下鉄1号線で3駅、鐘路3街(チョンノサンガ)駅の5番出口からすぐの場所にあります。

韓国の地下鉄は乗り換えや地上に行くのにものすごく歩くことが多いので、予定を詰め込んでいる場合は時間に余裕を持った方がいいかもしれません。

中に入ると先客はおらず空いていました。

なんて読むのかわかりませんが、鍋に生きたタコをそのまま入れるこれを頼みました。

タコ丸ごと1匹食べれますし、23000ウォンなのでそんなに高くはない気がします。

店内は割と空いていますが、壁には有名人のサインが大量に貼られていて人気店なんだと思います。

韓国語は話せず何と注文していいかわからないので、メニューを指さして「これでお願いします!」と思い切り日本語で伝えます。

まずは前菜?副菜?何というのかわかりませんが周りについてくるおまけのお皿が運ばれてきました。

左は大根をキムチっぽくした辛いやつ、真ん中は海藻とニラのサラダ、右はタコのなんかです。

10分ほどしていよいよサンナッチのタコが運ばれてきました。生きていて動きまくりです。

店員さんが目の前でタコを丸ごとトングで掴み、そのまんま鍋にぶち込みます。

さすがにそのままかぶりつくのは難しいのか、枝切りバサミで生きタコをバシバシ切ってくれます。

細かくされてさすがに動きはなくなってしまいましたが、これで美味しく食べれます!

タコの頭を切らずにそのままかぶりついた結果、墨が吹き出しました。お皿に出して切るべきだったのですが、スープが墨で真っ黒に。

タコの頭や鍋の中に入っている骨付き肉?魚?は自分でトングと枝切りバサミで切り離して食べていきます。

激うまでした。。
韓国に住んでた人から聞いていたので、穴場だと思います。

ホテルに入って衝撃を受ける

風俗に行く前に、荷物を置きに予約していたホテルに向かいました。

トンミョアプ駅から徒歩10分ほどでしょうか。前回のゲストハウスがあった治安最悪エリアではなく、他にもホテルが密集した場所にあって近くにはコンビニも!

ソウルNホテルに到着して受付でパスポートを渡すと、日本語も話せるスタッフさんが手際よく処理してくれてカードキーを渡されます。

ゲストハウスの何倍も綺麗なフロントの雰囲気から期待に股間を膨らませてエレベーターに乗り、降りたら部屋に入ります。

電気がついたとき、その光景に衝撃を受けました。

勝股ぼるち夫

うそだろ・・・

目の前に部屋はなく、トイレと小さなシャワールームがあるのみ。そしてこのハシゴは何!?
 
恐る恐るのぼってみたら、上の激狭いスペースに小さな布団が敷かれているだけ。

切り抜きでハシゴの上に部屋があり、上から見ると落とし穴みたいになっています。

スマホや自分が落ちるリスクがあり、危ないです。実際にペットボトルを落としました。

こんなんありかよ・・・

安かろう悪かろうってヤツですね。

さらにキツかったのが、かけ布団が臭かったことです。
これでは前回の洗面所から激臭がした格安ゲストハウスと変わらないかむしろこっちの方がきついです。

ドミトリーではないだけ少しマシですが、日本でいうアパホテルみたいな綺麗なところに泊まるには1泊7〜8000円ぐらい見ておいた方がよいでしょう。

テンションが下がりますが、気を取り直して風俗に向かいます。

地下鉄を乗り継いでハクトン駅へ。もう場所は調べなくても前回の記憶で完全に覚えているので余裕です。

DAOに到着〜開始までの流れ

夜21時前ぐらいに、ハクトン駅から迷わずDAOに到着しました。このビルの7階です。

勝股ぼるち夫

「アニョハセヨ、イルボンサランイムニダ」(こんにちは、日本人です)

と伝えると、日本人客には慣れているのかスタッフさんが待合室まで連れて行ってくれます。

女の子の指名はできず、お客さんの好みを聞いてメモをしながら希望に沿ったタイプの女の子をつけてくれるシステム。

勝股ぼるち夫

ロングヘアー、キュート、スリム、ビッグバスト!

など希望を伝えました。
料金は260000ウォンとのことで、現金でお支払いしましたらロッカーの鍵を渡されます。

荷物を置き、シャワーを浴びに向かいます。この光景が懐かしい!

プール式の上から降り注ぐシャワーに当たり、ボディソープでおちんぽやアナルを中心にしっかり洗浄。歯磨きもし終わったらタオルで全身の水滴を拭き取り、ドライヤーで髪を乾かします。

(髪は洗う必要がないのですが、ホテルでシャワーを浴びるのが面倒なのでここで洗ってしまいました)

終わったら待機室に通され、2人の同志とともに呼ばれるのを待ちます。
今日は夜遅くだったのですが、時間帯によってはご飯も出してもらえたりするはずです。

布団が敷かれているので寝っ転がって休むこともでき、快適なのですが緊張で心臓バクバクでした。

20分ほど待っていよいよぽるち夫の番になり、階段を上がるとそこには楽園が広がっていました。

いきなり4Pスタート

アニョハセヨー!と明るいお姉さんたちに手を引かれ、ガウンを脱がされて椅子に座らされます。

美女3人に囲まれてひとりはフェラ、もう2人は片方の乳首を舐めてくれる4Pハーレムが始まりました。

韓国といったらこれですよね!

フェラをしてくれているギャルなお姉様がメインのお相手の様子。左乳首担当は黒髪の王道韓国美人さん、右乳首担当は金髪のギャル。

按摩は若い子はあまりいないですが、熟女ではなくちょうど良いお姉さんで優しくリードしてくれます。

一心不乱に3方向からご奉仕されてめちゃくちゃ気持ち良いのですが、ぽるち夫のおちんぽのコンディションなのか緊張しているのか、なかなか勃起には至りません。

勝股ぼるち夫

なにやってんだ~

おしぼりで拭いて右のギャルが横向きフェラをしてくれたりと、セクースに向けて頑張ってくれます。

本来ならこの辺でギンギンになり、コンドームをつけてもらって一旦パコるのですが、いきなり勃起するのに慣れておらず未遂となりました。

そのままプレイルーム(思いっきりドア開いている)に連れていかれ、軽くお喋りタイム。

「ドゥーユースピークイングリッシュ?」
「ノー!アイムコリア」
「オーケー、イルミモエヨ?(名前は何ですか?)」
「プラダ!イルボン?(日本人?)」
「イエスアイアム!」

女の子のお名前は「プラダ」さん。

何となくの会話で飲み物は何がいいか聞かれ、お茶をリクエスト。
その後にタバコを吸ってもよいか聞かれ、OKを出します。

この流れは以前も経験済みで韓国のデフォルトなのかもしれません。
落ち着いたところで今度はマットのあるシャワールームに連れて行かれます。

マットプレイも極上でした

セルフシャワーを浴びてはいますが、ここまでハーレムプレイを受けてきたのでもう一度体をしっかり洗っていただきます。

ちょっと荒い気がするのも韓国人女性らしい大胆さで憎めないです。

マット(ベッド)の上にうつ伏せになると、ローションらしきものが投入されてプラダさんが背面から覆い被さってくれます。

もちもちのおっぱいを密着させながら、ヌルヌルで動き回ってくれます。ハイペースなのですが淡々としているわけではなく、背中をリップしてくれたりでどんどんお尻の方に・・・

アナル舐めが始まりました。
日本の風俗では最近はなかなか体験できないプレイなので、久々の気持ち良さで最高です。

しかもチロチロではなく舌ががっつり動き回り、ダイレクトに刺激が伝わってくるのでやばいです。

そんなことをしているうちにペニスはギンギンになり、仰向けになってフェラが始まります。

60分コースでこの内容なので、最初からジュボジュボのハイペース。タイミングを見ていつの間にかコンドームが装着されており、騎乗位でプラダさんのおまんこがズブリと入ってきました。

とんでもないキツマンです。あまりに締まりが良いのでこのまま搾り取られそうでした。

韓国按摩はセクースが基本プレイなのがチートですよね。今度は遠慮なくバックで突かせていただきました。

2発発射するのは体力的に難しいため、一旦我慢してマットはこの辺で。
体を洗ってもらい今度は普通のベッドに戻ります。

ベッドで再び4P始まる

もうこのままプラダさんとマンツーマンかと思っていたら、違いました!

ちゃんとまた乳首舐め×2名、フェラ1名といったようにサブの女の子もついて4Pハーレム状態になっていました。

サブの女の子も名札をつけているのですが、韓国語読めないのでそこは断念。しかも入れ替わり立ち替わりどんどん女性がシャッフルされていきます。

テンション高めのギャルやセクシーなお姉さんなど、個性あふれる面々でみんなめちゃくちゃ美人さんばかり。

ただしずっと4Pハーレムだと集中できない男性もいると思うので、タイミングを見てサブの女の子たちはすっとその場を離れて最後はマンツーマンに戻ります。

ラストは1対1で全力フィニッシュ

仰向けに大の字になったぽるち夫を容赦なく攻めるプラダさん。

今度はキスもしてくれて、しかもがっつり激しいディープキスです。
Fカップぐらいあるおっぱいを揉みながら幸せな気分です。

おっぱいをペルペルさせていただくと、「キモッチイ」と拙い日本語で一生懸命反応してくれて、興奮してしまいます。

またしてもフェラをされている最中に気づいたらコンドームが装着されており、お決まりの騎乗位IN!!

腰遣いがすごいです。ピストンがハイペースすぎて良い意味で1発派にはひやひやします。

今度は正常位になり、パイパンのツルツルおま○におじゃまします。
おう、きつい。そして顔がエロい!

バーレスクとかにいそうなこんなに綺麗な方とパコれるなんて幸せすぎではないでしょうか。
あまりの気持ち良さに30秒で果てました。

後処理やシャワーもテキパキなんですが丁寧で、心のこもったおもてなしを受けれて大満足です!

また遊びに来たい、楽しい韓国風俗弾丸旅行となりました。

それでは以下、プラダさんの詳細レポートです!

【プラダさんのルックス】・・・B-

<外見・雰囲気のタイプ>
●印象:
エキゾチックなクールお姉さん系。Sっぽい痴女な雰囲気があります。
●職業系統:
ポールダンサーや女優といった華のあるイメージ

<ルックスの特徴>
●髪型・髪色:
茶髪ロングでがっつり巻いており、プレイ中は髪をまとめています。
色気はやや減りますが、ボリュームもかなりあります。
●顔のフォルム:
丸顔でスッキリしています。
●目:
カラコン・つけまつげをしており目力が強いタイプ。大きな瞳で自信を感じます。
●メイク:ギャル系メイク

<ルックスに関するコメント>
写真がないためフリーみたいな感じになるシステムのお店ですが、クラブシステムが似合うギャル美形なお姉さんでした。系統としては韓国美人というよりは西洋系の美人さんに近く、かなりはっきりとしたお顔立ちで整っています。

【プラダさんのスタイル】・・・A+

<プロフィール>
※日本版ホームページに掲載なし

<スタイル>
スレンダー巨乳でボディラインの曲線がエロいです。
非常にセクシーな体つきをされています。

<おっぱい>
プリンのようなおっぱいで抜群にキレイでした。
●大きさ:推定Eカップ
●フォルム:お椀型(おっぱいの見た目があまりに綺麗な巨乳なのですが、触った感じ豊胸のような硬さはそこまでなかったです)
●垂れ具合:上向き
●揉みごたえ:張りと柔らかさのバランスが良い
●乳首・乳輪の色:ピンク
●乳輪の大きさ:直径25cmぐらい

<お腹周り>
●油断:なし
●くびれ:しなやかできれい

<お尻>
●大きさ:大きめ
●フォルム:桃尻
●質感:柔らかい

<肌質>
すべすべ、もっちり感あり、潤いあり

<匂い、その他>
●性器:パイパンで黒ずみなし
●匂い:なし
●タトゥー:なし(他の子はワンポイントタトゥーは大体あったような気がします)
●リスカ等:なし

<スタイルに関するコメント>
こちらもサイズ表記がないですが、細身の子をお願いしたら本当に細くてスタイルの良い子をつけてくれたDAOスタッフさんには感謝しています。
おっぱいやアソコもキレイで文句なしでした。

【プラダさんの接客】・・・B

<接客タイプ>
●接客スタイル:
お店の女の子とお客さんといったスタンダードな接客、女の子がリードしてくれる接客、プロ意識の高いお仕事接客。
●コミュニケーション:
話せる日本語は「アリガトウ」「キモッチイ」ぐらいで、そんなに会話をせずともプレイのみで時間が進行してしまいます。
●イチャイチャ感:
特にイチャイチャ感はありません。
以前の経験からも、サービスの性質上他の女の子も同様だと思います。

<素人感>
手慣れていて身を任せていれば全てやってくれるベテラン女性。
こちらは受け身でいいので楽です。

<性格>
笑顔がとても温かく、少しサバサバしてはいますが元気で明るいです。

<ホスピタリティ>
●脱衣:
ガウンを脱がせてくれて、帰りも着せて紐も締めてくれました。
●タオル:
シャワー後に拭いてくれます。雑ではありませんが、少しだけ強めかも。

<接客に関するコメント>
韓国按摩も現地のソープですが、日本の高級ソープのような気持ちの良いきっちりお仕事接客でした。恋人気分を楽しむのは難しいかと思いますが、気配りがしっかりしていてホスピタリティがあり言葉は通じなくとも素晴らしいです。

【プラダさんのプレイ】・・・B

<洗体>
●洗体:
スタンダードに向かいあって洗ってくれ、背中は後からおっぱいを密着して洗ってくれました。
●エロ要素:
しっかりと洗った後、マットプレイ時に背中や脚、アナルなどをたくさん舐めてくれます。
●衛生面:
歯磨きはセルフ。シャワーは何度も浴びますが、フェラ時にはおしぼりでペニスを拭いてくれます。

<キス>
●濃厚さ:
女性主体の貪るような濃厚ベロチュー
●積極性:
痴女的な積極性あり
●回数・時間:
回数こそ多くはないものの、気持ちを込めてキスを楽しませてくれます。

<全身リップ・愛撫>
●部位:
乳首、お腹、耳、腕、太もも、膝、背中、アナル、ふくらはぎ
●リップ強弱:吸い付きあり
●フェザータッチ:なし
マットプレイがメインサービスのひとつにあるので、全身リップは広範囲でハイレベルです。

<手コキ>
●力加減:
適切な握り加減ですが、状況に応じてスピードを上げてくれたりと臨機応変。
●部位:
竿コキ、亀頭弄り、玉揉み

<フェラ>
●スタイル:
根元に手を添えて咥えるスタンダードタイプ
●強さ:
バキューム感あり、やや強め
●その他:
こちらからのリクエストで玉舐めあり。吸ったりもしてくれます。

<素股>
●騎乗位素股:
ゴムをつけての本番。スムーズでピストン運動や体重の浴びせ具合も適切。
●正常位素股:
足をからめつけてくれたり、アンアン喘いでくれたりと気持ちを高めてくれます。
もちろん本番です。

<感度>
●リアクション:
演技感のある喘ぎ声と懸命な日本語でたくさん反応してくれました。
●性感帯箇所:クリが敏感
●苦手な場所:そもそもこちらから攻めるお店ではないため不明

<射精>
●射精方法:正常位G着本番にて
●アフターフォロー:ティッシュでペニスを拭き取ってくれた

<攻め・受けの適正>
●適正:按摩は男性が受け身のお店なので必然的に女の子が攻めに回りますが、プラダさんはそうでなかったとしても攻め派だと思います。
●攻め:痴女系でプロ意識の高いお仕事系
●受け:「キモチイ、キモチイ」などと一生懸命な日本語で気分を高めてくれます。

勝股ぼるち夫

日本では味わえない韓国按摩のクラブシステムは開放感と楽しさでこの時間いっぱいは完全なヤリチンになれます。

Author

  • 勝股ぽるち夫

    ヌキログ古参の自称風俗マスター。低収入のブサメンだが、オナクラやエステに通いまくり風俗を究める。ちん皮が薄いのか、ペニスに外傷を負うことが多く負傷離脱が多いのが難点。

-その他