兵庫県・神戸福原の風俗デリヘル体験レポート

【神戸・三宮(三ノ宮)エリアの風俗について】
兵庫県で最大の繁華街でもある神戸市中央区の三宮(三ノ宮)の風俗はデリヘルが主流ですが、ピンサロにホテヘル、箱ヘルといった風俗ジャンルも営業しています。
神戸市は兵庫県の県庁所在地で、9つの区から構成される政令指定都市です。
2012年には世界で最も住みやすい都市にて、日本で唯一のトップ10に入り、全世界で5位、アジアではシンガポールに次ぐ2位となっています。
住みやすい都市であるため、現在でも多くの人が住んでいるので、数多くの風俗店が神戸市では営業しています。

風俗のポータルサイトなどでは区毎に風俗店を紹介しているほどです。
最も多いのは200店舗近くの中央区で、最も少なくても80店舗ほどなので、地方の都市としては十分な数です。
いずれの区でも、最も多いジャンルはデリヘルであり、お店によってちょっと安いところもあれば、一般的な値段のところもあるので、その時のお財布事情と要相談という感じでしょう。
ちなみに、どの区にも高級店があるので、臨時収入があった時にはぜひとも高級店を利用したいものですね。

三宮は神戸市中央区にあり、JR、阪神、阪急と3つの路線が通っている駅です。
駅周辺は神戸市最大の繁華街、ビジネス街となっており、総合商業施設や地下街などが広がっており、多くの人が訪れます。
繁華街であればもちろん風俗店も多く営業しており、駅周辺には約180の風俗店が営業しています。
箱ヘルやピンサロなどの店舗型が10件弱ある他は、ホテヘルやデリヘルがほとんどです。
デリヘルはスタンダード系よりも、人妻・熟女系が多いというのが、三宮の特徴と言えるでしょう。
人妻系の普通のデリヘルだけでなく、人妻のエステ系や、人妻のM性感というように、人妻と他のジャンルを組み合わせた複合サービスを多く展開しているようです。

【尼崎の風俗について】
尼崎・西宮で風俗遊びをする場合、尼崎発のデリヘルが主流となりますが、回春エステ系も充実しているようです。
尼崎は兵庫県南東部に位置しており、大阪府との県境でもあります。
兵庫県で第4位の人口を有しており、大阪市にも神戸市にも鉄道を利用すれば20分程度で行くことができますが、ベッドタウンとしての傾向はあまり見られません。
元々尼崎市民は独自性が強いので、独自の都市圏を築こうという想いが強いようです。
そのため、JRや阪神沿線を中心とした再開発事業に力を入れており、高層マンションや巨大な商業施設が次々に建設されています。
その影響もあってか、30年ほど前から連続して人口は減少していましたが、やっと増加傾向に転じることができました。
ただ、割と物騒な事件がニュースで取り上げられることも多く、まだまだ安全面では後一歩という街です。

そんな尼崎市には、現在190を越える風俗店が営業しており、一つの市としては多い部類に入る数です。
店舗型のヘルスとソープランドが一件ずつ営業している以外は、全てがデリヘルという業種分けができます。
箱ヘルは一般的な値段であり誰もが利用できる感じですが、ソープランドは格安店よりも少し上の大衆店に分類されるような価格であり、あまりお得感があるとは言えない感じです。

そのため、値段的にも利用しやすいのがデリヘルです。
デリヘルをジャンル分けすると、尼崎は神戸よりも大阪に近いため、風俗の好みも大阪に近いようです。
人妻・熟女系のデリヘルはそれほど多くなく、最も多いのが若い女の子やお姉さんが在籍しているスタンダード系です。

ただし、M性感、SM、ぽっちゃり系専門店などのマニアックなデリヘルは少なく、尼崎市民は普通のサービスがお好みであることが分かります。
また、尼崎市には多くの韓国人や中国人などのアジア人が多く住んでいますが、アジアン系のデリヘルは少なく、市内で3店舗ほどしか営業していません。
市民の数とデリヘルの数は、必ずしも結び付くわけではないようです。
市内には高級デリヘルが4件営業しているようですが、その内のいくつかは会員制をうたっています。

かなり女の子のレベルとサービス品質が高いことが期待されますが、会員制であることと、その料金から中々利用できる人は少なそうです。
どちらかというと、尼崎市民よりも神戸市民をターゲットに見据えたようなお店です。
尼崎市の風俗の特徴と言えば、エステ系が30店舗以上も営業していることです。
回春エステやアロマエステなど代表的ななサービスがあるのはもちろんですが、それに加えてドスケベ回春エステを名乗るお店もあります。
どんなサービスなのか、一度利用してみたいですね。

【福原エリアの風俗について】
神戸市兵庫区の福原エリアは高級店から大衆店まで50店舗以上のソープランドが充実しているソープランド街となっています。
福原は神戸市兵庫区にある町名で、1858年に日米修好通商条約が締結された後に、遊郭が次々に設置された場所です。
東京の吉原、京都の島原とともにさんはらと呼ばれることもあり、遊郭が廃止された後もソープランドを中心に数々の風俗店が営業を開始しました。
兵庫区には約180の風俗店が営業していますが、その3分の1がソープランドとなっているので、いかにソープランドが多いのかが分かります。
これだけの数のお店があると、きれいに格安店、大衆店、高級店という分類分けされており、様々な価格帯のお店が営業しています。
コースの時間が違うので簡単に比較はできませんが、最低料金で3万円以上も差があるので、中々高級店は利用する機会がなさそうですが、一度は利用してみたいですね。

【姫路・西宮・加古川エリアの風俗について】
姫路・加古川・明石エリアの風俗はほぼデリヘル店で構成されており、60分1万円以下で遊べる激安デリヘルが多いことも特徴となっています。
姫路は、兵庫県の南西部に位置する市で、県内第二位の商工業と人口を擁する都市です。
国宝であり世界遺産でもある姫路城や西の比叡山都と呼ばれる書写山圓教寺などがあるために、観光事業が盛んです。
政令指定都市の要件の1つである人口70万人は届きませんが、近年合併により人口は増加傾向にあります。
姫路市内には約130の風俗店が営業しており、何件かソープランドやピンサロなども営業しているようですが、最も勢いがあるのはデリヘルで、市内には40を越えるラブホテルもあるので、デリヘルの利用環境が整っていると言えます。
兵庫県内の他の地域と同じように、姫路でもスタンダード系よりも人妻・熟女系の方が店舗数が多いという独自色を見せています。
兵庫県民の人妻好きは、県内全域なのでしょう。

西宮は、兵庫県の南東部に位置する市で、阪神タイガースのホームスタジアムである甲子園球場があることで知られています。
人口は47万人程度で、兵庫県では第三位となっています。
近畿地方で有数の高級住宅街である西宮七園と呼ばれる地域などには、多くの財界人や文化人が住んでいます。

高級住宅街であるためか、景観にそぐわないであろう店舗型の風俗店は営業しておらず、市内で営業している風俗店は全てデリヘルです。
その数も70に満たず、あまり多いとは言えません。
ぽっちゃり系やM性感、オナクラ、韓国・中国系といったジャンルのデリヘルは少なく、いずれも片手で数えられるほどです。

人妻店もあまり多くはなく、スタンダード系が一番の勢力のようです。
最もただのスタンダード系ではなく、ほとんどが高級店と呼ばれるようなデリヘルばかりです。
これは、この土地が高級住宅街であるためと言えるでしょう。
加古市は、兵庫県の南部に位置する市です。
交通の便がよく、神戸市と姫路市のベッドタウンとして発展を遂げました。
市内の海に面している金沢町は、町の全域が神戸製鉄所の敷地になっているため、人口が0という全国でもなかなか見られない町となっています。
市内には約130の風俗店が営業しており、ほぼデリヘル一色です。
デリヘルのジャンルとしても、3分の1以上が人妻系で占められており、スタンダード系の勢いが弱いです。

お店のホームページの女の子の紹介ページを見る限り、女の子のレベルが低いというわけではないので、人妻系はちょっと苦手という人でも、スタンダード系で遊ぶ時は障害になるものはないでしょう。
人妻系の中でも激安店に分類されるようなお店もあれば、高級店に分類されるようなお店まであり、価格は様々です。
でも、せっかく人妻系が人気の土地なので、高級人妻店を利用してみたいですね。