水戸の風俗デリヘルレポート

茨城 水戸 水戸の風俗はデリヘルもありますが、水戸の天王町はピンサロからソープランドまで充実した風俗街なので、水戸で風俗遊びをするなら天王町を外すことはできません。

【水戸の風俗について】
水戸市は茨城県の中部に位置する市で、茨城県の県庁所在地です。
時代劇でお馴染みの水戸黄門や梅の名所である偕楽園が有名です。
また、明治時代は納豆の生産が盛んで、「水戸納豆」として地元の人だけでなく全国的にも親しまれ、納豆を使った料理や観光地でのお土産の販売、納豆早食い世界大会も開かれている。

水戸駅はJRが2路線、鹿島臨海鉄道が1路線の計3路線が走っており、市内には6つの駅があるのだが、この6つという数字は県庁所在地としては最も少ない数字である。
高速バスなども走っているが、どうしても公共交通機関は十分とは言えず、車社会であることが分かります。
そのためか、駅周辺よりも駅から少し離れた国道沿いの方が賑わっています。

水戸市内には約100もの風俗店が営業しており、水戸駅から少し離れた所に店舗型の風俗店が集中しています。
そこには飲み系のお店もありますし、最近ではあまりみかけなくなった箱ヘルやピンサロ、ソープランドも営業しています。
デリヘルが一番多い業種であることは他の地域と変わりませんが、それでもかなりの数の店舗型風俗が営業しており、フラッと観光ついでに行ってみたくなる雰囲気があります。
県庁所在地であるためか、店舗型風俗にありがちな寂れた感はほとんどなく、建物には若干歴史を感じることもありますが、店舗ごとに様々な特徴を持っており、一度利用してみる価値は十分にあります。
また、30分で7000円程度という他のジャンルの風俗店と比較すると、かなり低価格なのも魅力です。

箱ヘルと同様にソープランドもかなりの店舗数が営業しており、正に風俗天国と言えるような地域です。
さすがに箱ヘルと比較すると値段は高くなりますが、特別高級店というような価格帯のお店はなく、どのお店でもほとんど変わらない価格でサービスを展開しているため、初めて訪れる際にはじっくりとお店のホームページを見てお気に入りの女の子を探してみるといいでしょう。
デリヘルは若い女の子が在籍しているスタンダード系が多く、人妻系やアジアン系はあまり多くありません。

スタンダード系以外が大好きな人にはちょっと寂しい展開状況ですが、どのお店もかなりレベルの高い女の子ばかり集めているので、たまには気分転換にスタンダード系を満喫してみるのも悪くないでしょう。
そして、安く遊ぶのならばピンサロがオススメです。
水戸市のピンサロはどのお店でも20分で3000円ほどで、もう少し長めの時間にしても5000円は越えないので、がんばればその時間内で2回は発射できるでしょう。