熊本県の風俗デリヘル体験レポート

【熊本市の風俗について】
熊本市中央区の下通~中央街は九州を代表する風俗街となっており、ソープランドが充実しています。箱ヘルやデリヘルも充実しています。
熊本市は、熊本県の県庁所在地であると共に、日本の最南端に位置する政令指定都市でもあります。

市内には市の象徴ともいえる、日本三大名城の一つである熊本城がそびえ、熊本城からの展望を確保するために、熊本城周辺地域には厳しい多さ制限があります。
高層ビル群は、市の中心地から離れた場所に集中しています。
1970年代からずっと増加傾向にあり、近年は増え幅が狭くなりましたが、それでも一貫して増加傾向にあるのは、九州地方では珍しいと言えます。
熊本市は日本でも有数の農業王国であり、農家の総数や経営耕地面積などの指数では、九州地方で第一位です。
ナスは日本で二位の産出額で、他にもお米やメロンは九州地方で一位となっています。

政令指定都市であるためか、県内で営業している風俗店のほとんどが熊本市に集まっています。
その数は240ほどであり、その内50ほどはソープランドや箱ヘルなどの店舗型風俗店となっています。
市内には中央街と呼ばれる、博多の中洲にツートップを成すと言っても過言ではない規模の九州屈指の風俗街があります。
そこには昔ながらの上から下まで箱ヘルが営業しているヘルスビルもあり、所狭しと並ぶソープランドもあります。
あまりキレいとは言えない街並みですが、それがソープランドの独特の雰囲気を醸し出しています。
いずれのお店も早朝から夜中まで営業しているので、観光に訪れた際には利用しやすいでしょう。

中には100分で総額3万円以上の価格を設定しているお店もあり、観光がメインなのかソープランド利用がメインなのかわからなくなってしまいそうです。
箱ヘルでは女子高生イメクラやメイドコスプレ専門などがあり、こちらもソープランドに負けない魅力があります。
170以上営業しているデリヘルは、ソープランドや箱ヘルに押されがちにも見えますが、60分で7千円という激安店と呼ばれるようなデリヘルも何件か営業しており、結構なにぎわいがあるようです。
特に若い女の子系やお姉さん系のデリヘルは人気があるようで、人妻系の倍以上の店舗数があります。
OL系に学園系、巨乳専門店にギャル専門店といった様々な女の子のバリエーションががあり、新たな性癖の発掘をするには最適な場所と言えるでしょう。
また、ぽっちゃり専門店が市内に複数あることから、熊本市民にぽっちゃり体型の女の子が支持されていることが分かります。
ぽっちゃり専門店と言えども、軽度のぽっちゃりからかなりのぽっちゃり女の子までそろっており、どの女の子を指名しようか頭を悩ませることは間違いありません。