風俗レポート 海外風俗

タイ・バンコク海外風俗体験談

出張でタイへ行く機会がありましたのでレポートをさせて頂きます。
今回は主に
「タイに行って夜遊びしてみたい方」
「海外風俗デビューしたい方」
向けに各スポットの解説をさせて頂きたいと思います。
今はLCCの発達により時期にもよりますが3万円〜5万円程度の交通費でバンコクまで行けますので
コスパ的に仕事や旅行ついででなくとも、休みがまとまって取れたので連続して風俗に行きまくりたい!という方にもオススメしたいです。

今回私が訪れたスポットはバンコクの二ヵ所になります。
訪れた二ヵ所は徒歩で10分程の隣接したエリアになります。
近隣の格安~高級ホテルまで殆どのホテルは女の子の連れ込みが無料となっています。

 

①ナナプラザ(NANA PLAZA)

ナナプラザ(NANA PLAZA)

複数のgogoバーが入居している3階建てのビルです。
gogoバーとは水着や下着姿または裸の女の子がステージ上で踊っているのを眺めて楽しむショーパブのような場所です。

気に入った子がいれば直接声を掛けたり、女の子が付けている数字の番号をスタッフに伝え隣の席につけドリンクを奢り会話を楽しむ事が出来ます。お触りには寛容で日本のセクキャバ感覚で楽しめます。
入場料はなく女の子の持ち帰りをしなければドリンク代だけで済みますのでコスパは抜群です。

但し、殆どの女の子はホテルへ行こうと誘って来ますのでお持ち帰りするつもりのない方は営業が煩わしいかもしれません。
プレイする場合はショートタイム(特に時間は決まっておらず1回戦で終わり)で2500~3000バーツの言い値でした。
閉店間際で売れ残った子は値切り交渉が出来たり、ひっきりなしに声が掛かるビジュアルのいい子は3000バーツの提示から値下げ交渉に応じないという子までさまざまでした。

【料金体系】
ドリンク180バーツ(店によって若干違う)×頼んだ数
ペイバー代(女の子を持ち帰るの際払う店への手数料)は700~800バーツ
が相場のようです。
それに加え女の子を持ち帰りプレイをする場合2500バーツ程

プレイにかかる総額・・・14000円前後(1バーツ=3.5円、ホテル代別、ドリンクオーダー数により前後します)

レディボーイ(オカマさん)専門の店も複数あるのでその手の店に興味が無い方は要注意です。ちなみに「ここはレディボーイのお店?」と入るときに受付の人に聞けば教えてくれるので聞くのがいいでしょう。
数件ハシゴし慣れてくれば入って店の中の子を見れば見分けがつくようになります笑

今回ナナプラザで女の子のお持ち帰りはしなくて②で紹介するテーメーカフェで女の子を持ち帰りました。

 

②テーメーカフェ(100%女の子を持ち帰れるバー)

テーメーカフェ

表向きは普通のバーです。ただし中にいる女の子ほぼ全員がお金を払ってお持ち帰りで来てしまうという日本では考えられないバーです笑

システムは至ってシンプルで、並んでいる女の子に話し掛けるだけ。
女の子側から目線は送って来ますが近寄ってきたり話しかけてくることはありません。
金額や時間、その他条件などを話して折り合いがつけば一緒にホテルへ行くというシステムです。
結構日本人好みのルックスの子も多く、カタコト含め日本語が話せる子は私が声をかけた感じだと半分程居ました。
男性の客層は日本人・韓国人・中国人で9割、その他1割が欧米人という割合に感じました。

私が訪れた平日の夜21時頃でざっと男性50人女性100名ほどの客入り。
ピークタイムには女性100名を超えていますので好みの子を選べる可能性はかなり高いです。
中国系や金髪ブロンド、ヨーロッパ系の子なんかも数人いました。

【料金体系】
ドリンク1オーダーで入場出来ます。見るだけならそれ以上のお金は掛かりません。
10名程度に声を掛けましたが値段は2500バーツ(約9000円)と3000バーツの言い値をしてくる子が半々位で、
可愛いなーと思う子が言い値が3000バーツが多く、2500バーツまでは交渉すれば私が声を掛けた子に関しては全員が2500に下がりました。

今回私の場合は「すぐ近くのホテルに泊まってるから」と交渉の末、2000バーツで交渉成立!
後に常連の日本人の方と話した所、2000まで下げてくれる子はなかなかいないよとの事でしたので安く遊べました。

女の子について簡潔にレポートします。
ルックス・・・自分の目で選べますので当然好みのタイプを選びました。
有名人で例えると高橋メアリージュンさんのようなルックスでした。
プレイ・・・タイではヘルスプレイという概念がなく本〇有りとなります。
今回の子はキスや乳首舐めのサービスもしっかりありました。
「胸はシリコンを入れているので強くは揉まないで」というのが少し残念でした。
プレイ後は軽く雑談をしてお別れとなりました。ホテル入室から退出までおおよそ1時間程でした。

画面越しやパネルで女の子を選びプレイの基本料金が決まっている日本の風俗と比べ自分の目で女の子を選べ、値段交渉出来るいうのがタイの風俗遊びの醍醐味でしょうか。

今回のレポートは以上となります。
初心者さん向けの簡単な相場観や遊び方になりましたがタイ風俗にチャレンジしたい方の参考になれば幸いです。

-風俗レポート, 海外風俗
-,